蕎麦

伊那市長谷、入野谷の標高1000m以上の畑で栽培された蕎麦(信濃1号)を石臼挽きにしたものを使用しております。

2019年より販売開始となった『入野谷在来』、夏の土用に販売する『暑中信州寒晒蕎麦』も御座います。

蕎麦を打つ水はそばの畑と同じ入野谷(伊那市長谷)、市野瀬に湧き出る湧水を使用しております。

この辺りは『ゼロ磁場』とも呼ばれ、近年テレビなどにも取り上げられるパワースポットです。

その『ゼロ磁場』のパワーのある(?)水を使っています。

*衛生上、生の水は使わず煮沸して冷ました水を使っています。

 


十割そば

玄挽き:玄そばの中から4.4mm以下の物のみをより分けて使用。

    石臼の速度は1分間に9回転の超低速。玄蕎麦の投入も最小限。

    玄そばを割ってから甘皮の部分までしっかり挽き込む事により強い蕎麦の風味が味わえます。

    黒っぽい十割らしい蕎麦ですが細くてボソつきは無くツルツルした食感でコシがあります。

玄挽き細挽き十割
玄挽き細挽き十割

入野谷在来:たった6粒から復活した幻の蕎麦。

      3台の石臼を使用して粗く挽いて太めに打っています。よく噛んで味わっていただくと濃い味とナッツの   

      ような香りを楽しんで頂けます。

丸抜き粗挽き十割
丸抜き粗挽き十割

二八そば:入野谷産信濃一号の玄挽き中挽き蕎麦粉使用。

当店に古くからあった手挽きの石臼を電動にした石臼に玄蕎麦を丸ごと投入し『割れ』の状態にし、1分間に15回転の速度で挽いています。蕎麦粉を篩う目は30メッシュです。

つなぎには上伊那産の『ハナマンテン』強力小麦粉を使用して蕎麦粉8割つなぎ2割で打っております。

コシと香りがありのどごしの良い蕎麦で、シンプルに蕎麦を楽しみたい方におすすめです。 

二八そば
二八そば